読書ブログ

読んだ本の感想、レビューを記入して行きます。 同じ本を読まれた方は、コメント欄に感想をお書き下さい。

資産運用




金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント ロバート・キヨサキ

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さんシリーズの第2弾を読みました。

前作の「金持ち父さん貧乏父さん」より、

具体的に書かれており、参考になりました。

中身に引き込まれて、一気に読みました。

第3部の「ラットレースから抜け出すための7つのステップ」

は今後のための参考になりました。

金持ち父さん貧乏父さん ロバート キヨサキ

金持ち父さん貧乏父さん

サブタイトル:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

この本は、初めて買った資産運用の本でした。
タイトルにつられて、本屋で衝動買いをしました。

本を読み終えたときに、今まで感じたことのない衝撃を
受けました。

今まで、自分がお金に対して考えていたことと
異なる考え方が書かれていました。

それまでは、コツコツまじめに働けば、いずれそれなりの
資産を作ることができると漠然と考えていました。
しかし、漠然とそういう考えを持っているだけでは、
資産をつくることは難しいという現実を直視するきっかけに
なりました。

それから、人生とはなにか、仕事とはなにか、
お金を稼ぐとはなにか・・・などいろいろ考えました。

そういう気付きを与えてくれました。

親や学校、もちろん会社では、そういう気付きを
与えられる話もありませんでした。

今までの人生が受動的に過ごしていましたが、
今は能動的に過ごしています。
まだ、これという結果は出せてはいませんが、
受動的に過ごしていたときよりは、良くなっていると思います。
会社からの給料が、唯一の収入源としていることが
どんなに悲しく、危険なことかと思っています。

こういう本との出会いが人生を大きく変える存在に
なる師匠となることも知りました。
それからは、できるだけ本を読むことに努めています。






サイト内検索
カスタム検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: