読書ブログ

読んだ本の感想、レビューを記入して行きます。 同じ本を読まれた方は、コメント欄に感想をお書き下さい。

小説




お金と正義(上) 神田昌典

お金と正義(上)

「2015年に至るまでに、パラダイム・シフトともいえる価値観の大転換が起こる」と予測するカリスマ経営コンサルタント・神田昌典が、社会の根底に横たわる深層心理パターンを巧みにエンターテインメント小説に落とし込み、これから実社会で起こりうる大異変をズバリ予測した衝撃作、待望の文庫化!
という宣伝文句に惹かれ、
すぐに本屋に行って購入しました。

中身がおもしろくひきこまれてしまい、
一気に読んでしまいました。
エンターテインメント性が、抜群でした。
映画化されたらいいなと思いました。

自分もこういう小説をさらっと書くことができる
才能が欲しくなりました。

鏡の法則 野口嘉則

鏡の法則

この本は、著者のポッドキャスティングを聞いていて、

ぜひ読みたいと思って、購入しました。

実際に、読んでみた感想は、本当かな??? です。

小説形式で書かれていますが、

著者が伝えたいメッセージがあります。

それは、「幸せの法則」があり、誰にでも手に入れれる

チャンスがあるということです。

興味を持たれた方は、ぜひ読まれることをお勧めします。

ちなみに、細かい内容は、

現在、自分がなにかに困っている状況は、

自分自身で作り出しており、それを解決する方法が、

あるということです。



サイト内検索
カスタム検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: